様々な故障に対応してくれる池袋のiPhone修理ショップ

サイトマップ

iPhone修理

iPhoneの故障しやすい箇所の修理

iPhoneを普通に使っているだけでも、ホームボタンと電源ボタンは故障しやすい箇所として扱われます。なぜなら、これらのボタンは可動式である上に、水分やホコリが入り込みやすい構造になっているからです。そのため、iPhoneは殆どの操作を画面上で行う中、本体の外側にあるむき出しになっているこれらのボタンは、不具合が起こりやすい箇所になります。
操作感が向上している分、ホームボタンと電源ボタンは無意識のうちに反応しなくなり、修理に依頼することになったりします。ちなみに、ホームボタンと電源ボタン裏側は精な構造になっているので、ホコリや湿気がボタンの隙間から入ることにより、不具合を起こす確率が高まります。他にも、ボタンを強く押したり押す回数が増えることによって、ボタンの隙間にホコリが入り込みやすくなります。
さらに、ボタンが中途半端に反応すれば、iPhoneを修理に出さずにそのまま使う人が多いので、結果的にボタンが完全に反応しなくなります。けれども、iPhoneの電源ボタンやホームボタンが効かなくなるという症状は、iPhoneにカバーやケースをつけることて故障する可能性を減らすことができます。iPhoneの故障しやすい箇所となる電源ボタンとホームボタンは、ケースやカバーで本体を保護することにより、ボタンの隙間に水分やホコリが入りにくくなります。

Reccomend Contents